自転車乗を安心して楽しむ会員組織です。

BIKEJAPAN.COM
管理者:日本サイクルスポーツ発展協力者会
   〒535−0003 大阪市旭区中宮5−3−31
E-Mail : massah@bikejapan.com
必読 お問い合わせの方
代表 : 中島 正満 

初めて訪問された方は必ず概要を、お読みください
日本サイクルスポーツ発展協力者会 概要
Top ページへ


日本サイクルスポーツ発展協力者会

設立の意図 スポーツ自転車を趣味としている者が社会環境において、その発展と健全な社会環境に対し、
個々では対処できない問題を、会として結束の意思と意識を持ち、団体としての提案を積極的に、
行なう事を目的とする。
名称 その団体名を【日本サイクルスポーツ発展協力者会】と称する。
その代表は、社会環境の中でのスポーツ自転車環境の発展に寄与していく事業を行なう。
会員の社会的基礎的な保護(賠償責任能力)を守る。
資質向上(知識・技能・情報)を軸に交流・共有する。
目的 自転車を取り巻く環境の悪化に、個人では対処出来ないと意識感じる者の連帯を深め、
会を組織する事で、その社会的な責任を果たす行動を起こし、また、啓蒙活動を目的とします。
運営 会に属する者を会員と称し、期間は1年間の会費をもって、運営は会員で図る。会は期間内に、
自転車のイベント等の開催やイベント情報等の参加を促進し、また、会員である期間内に、
自転車乗車時に賠償責任等の責任や被害が生じた請求に対し、会が定める限度額内で
日常生活や趣味の環境が保たれる、環境を作り、配慮します。
会員制の理由 本会は、保険ではありません。会員の権利として会員の安全と自転車乗車時に生じた
賠償責任と本人が受けた障害の治療に対して別途定める範囲内で、補償を正しく受ける事を
見届ける為に、会員制を採っております。
個人で行なえない交渉を行ない、また、個人の中にも残念ながら、社会を営む常識を
持たない方も居られます。全てを受けいれる事は、無責任で全体を保護する事は出来ませんので、
排除も行ないます。
会費の内訳 健全な自転車社会を喚起する為の費用。(広報・サーバー維持費・等
会員の賠償・本人傷害治癒の能力を上げる為の費用。(賠償責任保険の加入
会員と会が必要とする事務経費。(会員証・書類・通信費・等
(内訳詳細は、加入申込に掲載致します。納得された方のみ入会・会員と致します)
目的 入会の許可・拒否が審査される事により、商業的なサービスと違い、サービス(保障額等)
長期運営が可能。且つ、会員が増える事により、発展的な会員資質を追求していくことが出来ます。
将来に向けて 会費は定額固定4,000円。将来に値上げする事はありません。
 (4,000円でできる事を目指します)
会の活動維持・伝達事務経費と会員個々の賠償保障が全てですが、将来会員相互の
情報共有をインターネットとりわけHPを発展させ、会員相互の情報の疎通を促進させ、
安全の知識・技術の方向、イベント・行事の参加の機会を増やして、自転車社会の発展に寄与する。
事務所の設置 〒535−0003 大阪市旭区中宮5−3−31
タルタハイツ 2F−A
事務担当 : 中島 ふさ子
E-Mail : massah@bikejapan.com
TEL 06−6951−1573
FAX 06−6951−8241



設立の歴史と活動の成果